CSSリファレンス比較 abc順

abc順 CSSリファレンス比較

ABC セレクタ・属性 説明ABC選択画面に戻る とほほ 大阪教育大 クイック MDN ウェブランサー
1

A

:active 要素がアクティブになった時にスタイルを適用      
2 A ::after 要素の後にコンテンツを挿入      
3 A align-content flexboxアイテムをクロス軸に沿って配置位置を指定  
4 A align-items ボックス行内の子要素の副軸方向の配置方法  
5 A alignment-adjust 要素の揃えラインの指定      
6 A alignment-baseline ベースラインを調整する      
7 A align-self flexboxアイテムのクロス軸に沿って配置位置を個別に指定  
8 A all 全プロパティの一括リセット    
9 A <angle> 角度を指定        
10 A animation アニメーション関連のプロパティをまとめて指定  
11 A animation-delay アニメーションが開始するまでの時間を指定  
12 A animation-direction アニメーションの再生方向を指定  
13 A animation-duration アニメーションの1回分の時間を指定  
14 A animation-fill-mode アニメーションの実行前後のスタイルを指定  
15 A animation-iteration-count アニメーションの実行回数を指定  
16 A animation-name 要素にアニメーション名を指定  
17 A animation-play-state アニメーションが再生中か一時停止状態かを指定  
18 A animation-timing-function アニメーションの変化のタイミングを指定  
19 A :any-link すべてのリンク要素にマッチします。:link または :visited と同じ意味となります      
20 A attr() 属性値を取得      
21 A azimuth 音源の方向を -360deg~360deg の角度で指定  
22

B

::backdrop 何らかの要素が全画面モードで表示される直下に直接表示される viewport の寸法のボックス      
23 B backface-visibility 3D変形させる時の、要素の背面の描画方法を指定  
24 B background 背景のプロパティ一括指定
25 B background-attachment スクロール時の背景画像の表示方法を指定
26 B background-blend-mode 要素の背景画像を互いに、または要素の背景色と、どのように混合するかを設定      
27 B background-clip 背景画像を表示領域を指定  
28 B background-color 背景の色を指定
29 B background-image 背景画像を指定
30 B background-origin 背景画像を表示基準位置を指定  
31 B background-position 背景画像を表示位置を指定
32 B background-repeat 背景画像の繰り返しを指定
33 B background-size 背景画像のサイズを指定  
34 B baseline-shift 優先するベースラインを指定し直す      
35 B ::before 要素の前にコンテンツを挿入      
36 B behavior: url() スタイルシートでスタイルを一括指定するのに加えて、ビヘイビア機能で動作を一括指定        
37 B binding 結合するスタイル規則の参照      
38 B bleed ページの bleed 領域の量      
39 B bookmark-label ブックマークのラベル(名前)の指定      
40 B bookmark-level 階層構造のブックマークのレベル指定      
41 B bookmark-state ブックマークの状態の初期値        
42 B bookmark-target ブックマークのリンク先の指定      
43 B border ボーダーのプロパティをまとめて指定
44 B border-bottom 要素の底辺にボーダーを付ける
45 B border-bottom-color 要素の底辺に設定したボーダーの色を指定
46 B border-bottom-left-radius 要素の左下の角丸を指定    
47 B border-bottom-right-radius 要素の右下の角丸を指定    
48 B border-bottom-style 要素の底辺に設定したボーダーのスタイルを指定
49 B border-bottom-width 要素の底辺に設定したボーダーの太さを指定
50 B border-collapse テーブルのボーダーの表示形式を指定
51 B border-color ボーダーの色を指定
52 B border-image ボーダー画像のプロパティをまとめて指定  
53 B border-image-outset ボーダー画像の領域を広げるサイズを指定  
54 B border-image-repeat ボーダー画像の繰り返しを指定
55 B border-image-slice ボーダー画像の分割位置を指定  
56 B border-image-source ボーダーに画像を指定  
57 B border-image-width ボーダー画像の幅を指定  
58 B border-left 要素の左辺にボーダーを付ける
59 B border-left-color 要素の左辺に設定したボーダーの色を指定
60 B border-left-style 要素の左辺に設定したボーダーのスタイルを指定
61 B border-left-width 要素の左辺に設定したボーダーの太さを指定
62 B border-radius 要素の角丸についてまとめて指定  
63 B border-right 要素の右辺にボーダーを付ける
64 B border-right-color 要素の右辺に設定したボーダーの色を指定
65 B border-right-style 要素の右辺に設定したボーダーのスタイル(種類)を指定
66 B border-right-width 要素の右辺に設定したボーダーの太さを指定
67 B border-spacing テーブルセルのボーダーの間隔を指定
68 B border-style ボーダー(枠線)の種類を指定
69 B border-top 要素の上辺にボーダー(枠線)を付ける
70 B border-top-color 要素の上辺に設定したボーダー(枠線)の色を指定
71 B border-top-left-radius 要素の左上の角丸を指定    
72 B border-top-right-radius 要素の右上の角丸を指定    
73 B border-top-style 要素の上辺に設定したボーダー(枠線)のスタイル(種類)を指定
74 B border-top-width 要素の上辺に設定したボーダー(枠線)の太さを指定
75 B border-width ボーダー(枠線)の太さを指定
76 B bottom positionに従って要素を配置際に、底辺からの距離を指定
77 B box-decoration-break ボックスが 改ページで分割されるときの境界や背景の表示形式    
78 B box-shadow ボックスに影を追加    
79 B box-sizing ボックスサイズの計算方法を指定    
80 B break-after 改ページや段組みの区切り位置を指定    
81 B break-before 改ページや段組みの区切り位置を指定    
82 B break-inside 改ページや段組みの区切り位置を指定    
83

C

calc() プロパティ値の計算(四則計算)を行う      
84 C caption-side テーブルのcaption要素の表示位置を指定
85 C @charset 外部スタイルシートファイルの文字コードを指定      
86 C :checked チェックされている要素にスタイルを適用      
87 C clear 要素の回り込み(float)を解除
88 C clip-path 矩形、円形、楕円形、星型などの領域をクリップ(抜き出し)し、表示      
89 C <color> テキストやボーダーラインなどの色を指定        
90 C color テキストの色を指定
91 C column-count 段組みの列数を指定    
92 C column-fill 段組み内の要素の表示バランスを指定    
93 C column-gap 段組みの列の間隔を指定    
94 C column-rule 段組みの列間に引く罫線のプロパティをまとめて指定    
95 C column-rule-color 段組みの列間に引く罫線の色を指定    
96 C column-rule-style 段組みの列間に引く罫線のスタイルを指定    
97 C column-rule-width 段組みの列間に引く罫線の太さを指定    
98 C columns 段組みの列数と列の幅をまとめて指定    
99 C column-span 段組み内の要素が複数の列にまたがるかを指定    
100 C column-width 段組みの列の幅を指定    
101 C content コンテンツを挿入
102 C counter-increment contentプロパティで挿入するカウンターの更新値を指定  
103 C counter-reset contentプロパティで挿入カウンター値をリセット  
104 C @counter-style list-style で指定可能なリストスタイルを新たに生成      
105 C crop 置換要素の表示範囲の指定        
106 C cue 要素の前後で読み上げる音声を url(sound.wav) のような URL、none、inheritで指定  
107 C cue-after 要素の前後で読み上げる音声を url(sound.wav) のような URL、none、inheritで指定    
108 C cue-before 要素の前後で読み上げる音声を url(sound.wav) のような URL、none、inheritで指定    
109 C cursor マウスポインターのデザインを指定
110

D

:default 関連する要素のグループ内で既定となっているフォーム上の要素を表します      
111 D :defined 定義されているすべての要素を表します      
112 D direction テキストを表示方向を指定
113 D :disabled 無効になっている要素にスタイルを適用      
114 D display ボックスの種類を指定
115 D dominant-baseline 優先するベースラインの指定        
116 D drop-initial-after-adjust 頭文字の第一接続点の揃え位置        
117 D drop-initial-after-align 頭文字の第一接続点の揃えライン        
118 D drop-initial-before-adjust 頭文字の第二接続点の揃え位置        
119 D drop-initial-before-align 頭文字の第二接続点の揃えライン        
120 D drop-initial-size 頭文字のサイズの指定        
121 D drop-initial-value 頭文字を何行分にするかの指定        
122

E

elevation 垂直方向の角度を、-90deg~90deg の角度指定    
123 E :empty 空の要素を指定      
124 E empty-cells テーブル内の、空のセルの表示形式を指定
125 E :enabled 有効になっている要素にスタイルを適用      
126

F

<filter-function> 入力画像の外観を変更することができるグラフィカルな効果        
127 F :first 印刷文書の最初のページ      
128 F :first-child 最初の子要素を指定      
129 F ::first-letter 要素の1文字目にスタイルを適用      
130 F ::first-line 要素の1行目にスタイルを適用      
131 F :first-of-type 同じ要素のみをカウントして、最初の子要素を指定      
132 F flex flexboxアイテムの幅を一括で指定  
133 F flex-basis flexboxアイテムを指定    
134 F flex-direction flexboxアイテムを配置する方向を指定    
135 F flex-flow flexboxアイテムの配置する方向と折り返しを指定    
136 F flex-grow flexboxアイテムの幅の、伸びる倍率を指定    
137 F flex-shrink flexboxアイテムの幅の、縮む倍率を指定    
138 F flex-wrap flexboxアイテムの折り返しを指定    
139 F float ボックスの回り込みを指定
140 F float-offset フロート要素のオフセット値        
141 F :focus 要素がフォーカスされている時にスタイルを適用      
142 F :focus-within フォーカスを持っているか、フォーカスを持った要素を含む要素を表します。      
143 F font フォント関連のプロパティをまとめて指定
144 F @font-face Webフォントを利用      
145 F font-family フォントの種類を指定
146 F font-feature-settings OpenTypeフォントの機能を制御    
147 F font-kerning 欧文フォントにカーニングを適用    
148 F font-language-override 表示文字フォントの言語を部分的に変更    
149 F font-size フォントのサイズを指定
150 F font-size-adjust フォントのサイズを調整
151 F font-stretch フォント幅の拡大・縮小を指定
152 F font-style フォントのスタイルを指定
153 F font-synthesis 太字や斜体を持たないフォントファミリーの場合に、太字や斜体で表示するかどうかを指定    
154 F font-variant フォントをスモールキャップスに指定
155 F font-variant-alternates 文字フォントの代替グリフ(字形)の選定を制御    
156 F font-variant-caps スモールキャップス(small caps)などの、文字フォントのグリフ(字形)を指定    
157 F font-variant-east-asian 表示する文字フォントのグリフ(字形)の指定を行う    
158 F font-variant-ligatures 隣り合った文字フォントの合字(リガチャ)を指定    
159 F font-variant-numeric 数字の表示形式を指定    
160 F font-variant-position 上付き文字、下付き文字を指定    
161 F font-weight フォントの太さを指定
162 F <frequency> 周波数の単位        
163

G

grid グリッドの一括指定    
164 G grid-area グリッドアイテムのエリア名を指定    
165 G grid-auto-columns 暗黙のトラックのサイズを指定    
166 G grid-auto-flow グリッドアイテムの配置方向を指定    
167 G grid-auto-rows 暗黙のトラックのサイズを指定    
168 G grid-column 列グリッドの一括指定    
169 G grid-column-end 行と列のグリッドアイテムの開始位置と終了位置を指定    
170 G grid-column-start 行と列のグリッドアイテムの開始位置と終了位置を指定    
171 G grid-row 行グリッドの一括指定    
172 G grid-row-end 行と列のグリッドアイテムの開始位置と終了位置を指定    
173 G grid-row-start 行と列のグリッドアイテムの開始位置と終了位置を指定    
174 G grid-template グリッドレイアウトの行と列のトラックサイズをまとめて指定    
175 G grid-template-areas グリッドレイアウトのエリアを指定    
176 G grid-template-columns グリッドレイアウトの行と列のトラックサイズを指定    
177 G grid-template-rows グリッドレイアウトの行と列のトラックサイズを指定    
178

H

hanging-punctuation 区切り記号をテキストの行頭や行末にぶら下げるべきかどうかを指定    
179 H height 要素の高さを指定
180 H :hover カーソルが乗っている要素にスタイルを適用      
181 H hyphens 単語の途中での折り返す際のハイフン(-)を指定      
182

I

icon 要素のアイコンの指定        
183 I image-orientation 画像の回転角度の指定      
184 I image-resolution 画像の解像度の指定        
185 I ime-mode input要素の入力領域などにフォーカスが移動したとき、日本語変換機能を有効にするか否かを指定
186 I @import スタイルシートファイルから、他のスタイルシートファイルを読み込みます      
187 I !important スタイルが適用される優先順位を最優先にする際に用いられます        
188 I inherit 通常では継承されないスタイルを親要素から継承させたり、継承することを明示的に示したい場合に使用      
189 I initial 各属性の初期値      
190 I inline-box-align インラインボックスを整列させる基準の行        
191 I isolation 要素が新しいスタックコンテキストを作成するか否かを指定      
192

J

justify-content flexboxアイテムをメイン軸に沿って配置位置を指定    
193

K

@keyframes アニメーションの動きとタイミングを指定      
194

L

:lang 特定の言語が指定された要素にスタイルを適用      
195 L :last-child 最後の子要素を指定      
196 L :last-of-type 同じ要素のみをカウントして、最後の子要素を指定      
197 L layout-grid 行間や文字間のスペースを調整。IE5 で独自に実装された機能      
198 L layout-grid-char 文字間のスペースを調整。IE5 で独自に実装された機能      
199 L layout-grid-line 行間のスペースを調整。IE5 で独自に実装された機能      
200 L layout-grid-mode 行間や文字間のスペースを調整。IE5 で独自に実装された機能      
201 L layout-grid-type スペース調整の方式を指定。IE5 で独自に実装された機能      
202 L :left 印刷文書の左側のページすべてを表します      
203 L left positionに従って要素を配置する際に、左辺からの距離を指定
204 L <length> 「数値+単位」の形式で長さを指定        
205 L letter-spacing 文字の間隔を指定
206 L line-break 改行の禁則処理を指定
207 L line-height 行の高さを指定
208 L line-stacking 行ボックスの重ね方の一括指定        
209 L line-stacking-ruby 行ボックスを重ねる際のルビの扱い        
210 L line-stacking-shift 文字のベースラインを考慮するかどうかの指定        
211 L line-stacking-strategy 行ボックスを重ねる高さの指定        
212 L :link リンク先が未訪問の時にスタイルを適用      
213 L list-style リスト項目のマーカーをまとめて指定
214 L list-style-image リスト項目のマーカーの画像を指定
215 L list-style-position リスト項目のマーカーの位置を指定
216 L list-style-type リスト項目のマーカーの種類を指定
217

M

margin ボックスの外側の余白を指定
218 M margin-bottom 要素の底辺に当たる外側の余白(マージン)を指定    
219 M margin-left 要素の左辺に当たる外側の余白(マージン)を指定    
220 M margin-right 要素の右辺に当たる外側の余白(マージン)を指定    
221 M margin-top 要素の上辺に当たる外側の余白(マージン)を指定    
222 M marker-offset リスト項目の先頭に表示するマーカーの位置を指定    
223 M marks 印刷時につけるトンボを指定  
224 M marquee-direction マーキーのスクロール方向        
225 M marquee-loop マーキーのスクロール回数        
226 M marquee-speed マーキーのスクロール速さ        
227 M marquee-style マーキーのスクロール方法      
228 M max-height ボックスの高さの最大値を指定
229 M max-width ボックスの幅の最大値を指定
230 M @media 一つまたは複数のメディアクエリの結果に基づいて、スタイルシートの一部を適用するために使用      
231 M min-block-size 書字方向に応じて要素ブロックの水平または垂直方向の最小の寸法を定義      
232 M min-height ボックスの高さの最小値を指定
233 M min-inline-size 書字方向に応じて要素ブロックの水平または垂直方向の最小の寸法を定義      
234 M minmax() グリッドレイアウトでトラックの幅の最小値と最大値を指定          
235 M min-width ボックスの幅の最小値を指定
236 M mix-blend-mode 背景と要素が重なる部分の、色のブレンド方式を指定      
237 M move-to 要素の後ろへの移動        
238

N

@namespace XHTML 中に SVG を異なった名前空間で埋め込む際などに使用      
239 N nav-down 下方向キーにフォーカス移動を割り当てる        
240 N nav-index タブ・キーによるフォーカス移動の順序を割り当てる        
241 N nav-left 左方向キーにフォーカス移動を割り当てる        
242 N nav-right 右方向キーにフォーカス移動を割り当てる        
243 N nav-up 上方向キーにフォーカス移動を割り当てる        
244 N :not() セレクタのリストと一致しない要素を表しています      
245 N :nth-child 要素を選択するパターンを表す引数を1つ取ります。      
246 N :nth-last-child 要素を選択する最後から数えるパターンを表す引数を1つ取ります      
247 N :nth-last-of-type 要素を選択する最後から数えるパターンを表す引数を1つ取ります      
248 N :nth-of-type 要素を選択する最後から数えるパターンを表す引数を1つ取ります      
249

O

object-fit 画像などをボックスにどのようにフィットさせるか指定      
250 O object-position 画像などをボックスに表示させる位置を指定      
251 O :only-child 子要素が1つだけの時に指定      
252 O :only-of-type 要素の種類に関係なく、指定した子要素が1つだけの時に指定      
253 O opacity 要素の透明度を指定    
254 O :optional  required 属性が設定されていない <input>, <select>, <textarea> 要素を表します。      
255 O order flexboxアイテムを配置する順番を指定    
256 O orphans 印刷時、ページの下部の段落に最低限印字すべき行数を指定  
257 O outline ボックスのアウトラインのプロパティをまとめて指定
258 O outline-color ボックスのアウトラインの色を指定
259 O outline-offset ボックスのアウトラインとボーダーの間隔を指定    
260 O outline-style ボックスのアウトラインのスタイルを指定
261 O outline-width ボックスのアウトラインの幅を指定
262 O overflow ボックスからコンテンツがはみ出た時の表示方法を指定
263 O overflow-style 要素からはみ出た内容のスクロール方法      
264 O overflow-wrap 単語の途中での改行を指定  
265 O overflow-x ボックスからコンテンツがはみ出た時の水平方向の表示方法を指定  
266 O overflow-y ボックスからコンテンツがはみ出た時の垂直方向の表示方法を指定  
267

P

padding ボックスの内側の余白を指定
268 P padding-bottom 要素の内側の底辺側に当たる余白を指定  
269 P padding-left 要素の内側の左辺側に当たる余白を指定  
270 P padding-right 要素の内側の右辺側に当たる余白を指定  
271 P padding-top 要素の内側の上辺側に当たる余白を指定  
272 P @page 印刷時のページに関わるスタイルを指定      
273 P page あらかじめ定義しておいたページ設定の名前を参照    
274 P page-break-after  印刷時の改ページ直前の位置  
275 P page-break-before  印刷時に直前の位置で改ページ  
276 P page-break-inside 印刷時に要素内での改ページを避ける    
277 P page-policy 章、節、セクション等のカウント方法        
278 P pause 音声ユーザエージェントで読み上げる際の間を指定    
279 P pause-after 音声ユーザエージェントで読み上げる際の間を指定    
280 P pause-before 音声ユーザエージェントで読み上げる際の間を指定    
281 P perspective 要素を3D変形させる時の奥行きを指定    
282 P perspective-origin 3D変形させる時の要素の奥行きの基点を指定    
283 P pitch 声のピッチ    
284 P pitch-range 声の抑揚を指定    
285 P play-during 要素を読み上げ中にバックに流す背景音をURLで指定    
286 P position ボックスの配置規則を指定
287 P presentation-level  表示レベル        
288 P punctuation-trim 句読点などの記号の詰め方        
289

Q

quotes contentプロパティで挿入する記号を指定
290

R

rendering-intent 描画の際のカラープロファイル        
291 R repeat() グリッドレイアウトでトラックの幅の指定を繰り返す          
292 R resize ボックスのリサイズを許可      
293 R <resolution> レゾリューションを表す単位        
294 R rest 音声読み上げの前後の休憩・間        
295 R rest-after 音声読み上げの要素後の休憩・間        
296 R rest-before 音声読み上げの要素前の休憩・間        
297 R richness 声の通りやすさ    
298 R :right 印刷文書の右側のページ      
299 R right positionに従って要素を配置際に、右辺からの距離を指定
300 R :root HTMLドキュメントのルートを指定      
301 R rotation ブロックレベル要素を反時計回りに回転      
302 R rotation-point ブロックレベル要素の回転の中心座標        
303 R ruby-align ルビテキストの右寄せ、左寄せ等の値を指定  
304 R ruby-overhang ルビテキストがルビ対照の文字の前後の文字に覆いかぶさるか否かを指定    
305 R ruby-position ルビテキストを配置する場所を指定  
306 R ruby-span ルビ注釈がどこまでまたがるかの指定        
307

S

scrollbar-3dlight-color スクロールバーの色を指定    
308 S scrollbar-arrow-color スクロールバーの色を指定    
309 S scrollbar-base-color スクロールバーの色を指定    
310 S scrollbar-darkshadow-color スクロールバーの色を指定    
311 S scrollbar-face-color スクロールバーの色を指定    
312 S scrollbar-highlight-color スクロールバーの色を指定    
313 S scrollbar-shadow-color スクロールバーの色を指定    
314 S scrollbar-track-color スクロールバーの色を指定    
315 S size 印刷時のページのサイズを指定    
316 S speak 音声ユーザエージェントでの読み上げ方法を指定    
317 S speak-as 音声出力の読上げ方法について指定    
318 S speak-header テーブルのセルを読み上げる際にヘッダ情報を読むかどうかを指定    
319 S speak-numeral 数字の読み方    
320 S speak-punctuation セミコロンなどの区切り文字の読み方を指定    
321 S speech-rate 読み上げるスピードを指定    
322 S stress アクセント部分の抑揚    
323 S string-set  文字列を格納する        
324 S @supports ブラウザが CSS の属性や値をサポートしているか、いないかにより、処理を振り分け      
325

T

table-layout テーブルのレイアウトアルゴリズムを指定
326 T tab-size タブ文字の表示幅を指定  
327 T :target アンカーリンクのターゲット先の要素にスタイルを適用      
328 T target リンク先の開き方・開く位置の一括指定        
329 T target-name リンク先を表示する場所        
330 T target-new リンク先を新しいウィンドウ・タブで開く        
331 T target-position 新しいウィンドウ・タブを開く位置        
332 T text-align テキストの行揃えの位置を指定
333 T text-align-last テキストの最終行の揃え位置を指定  
334 T text-autospace 漢字のような表意文字と半角英数字のような非表意文字の間に隙間を入れるかどうかを指定    
335 T text-decoration テキストに対する線をまとめて指定
336 T text-decoration-color テキストに対する線の色を指定  
337 T text-decoration-line テキストに対する線の種類を指定    
338 T text-decoration-style テキストに対する線のスタイルを指定    
339 T text-emphasis テキストを強調するための傍点の付け方    
340 T text-emphasis-color テキストを強調するための傍点の色    
341 T text-emphasis-position テキストを強調するための傍点を付ける位置    
342 T text-emphasis-style テキストを強調するための傍点の付け方    
343 T text-height テキストの高さ        
344 T text-indent テキストの1行目の字下げ幅を指定
345 T text-justify text-align: justifyの形式を指定
346 T text-orientation 縦書き文章の文字の表示方向に関して指定    
347 T text-outline  テキストの輪郭とぼかしを指定        
348 T text-overflow テキストが表示領域をはみ出したときの表示を指定    
349 T text-shadow テキストに影を追加
350 T text-transform テキストを大文字や小文字表示に指定
351 T text-underline-position テキストのアンダーラインの位置を指定
352 T <time> 時間を表す単位        
353 T top 位置指定要素の垂直位置の決定に関与
354 T transform 要素を変形させる    
355 T transform-origin 要素を2D・3D変形させる時の中心点を指定    
356 T transform-style 3D変形させる時の子要素の配置方法を指定    
357 T transition トランジション効果をまとめて指定    
358 T transition-delay トランジション効果が開始されるまでの時間を指定    
359 T transition-duration トランジション効果が完了するまでの時間を指定    
360 T transition-property トランジション効果を適用するプロパティを指定    
361 T transition-timing-function トランジション効果の変化のタイミングを指定    
362 T translate 平行移動による変形を独自に、 transform プロパティから独立して指定        
363

U

unicode-bidi 文字表記の方向設定の上書き方法を指定
364 U unset 一部の属性や要素だけ、スタイル設定を除外      
365 U url() 外部ファイルのURLを指定      
366

V

vertical-align 縦方向の揃え位置を指定
367 V visibility ボックスの表示・非表示を指定
368 V :visited リンク先が訪問済みの時にスタイルを適用      
369 V voice-balance 音声の左右のバランス        
370 V voice-duration 要素内容を話すのにかける時間        
371 V voice-family 声の候補を指定    
372 V voice-pitch 声の高さ(周波数)        
373 V voice-rate 読み上げ音声の速度        
374 V voice-stress 音声の強調の度合い(強い・弱い・単調)        
375 V voice-volume 音声の音量        
376 V volume 音声ユーザエージェントで読み上げるときの音量    
377

W

white-space 要素内のスペース・タブ・改行の表示を指定
378 W widows 印刷時、ページの上部の段落に最低限印字すべき行数を指定  
379 W width ボックス領域の幅を指定
380 W word-break テキストの改行方法を指定
381 W word-spacing 単語の間隔を指定
382 W word-wrap 単語の途中における改行処理の仕方を指定
383 W writing-mode 縦書き、横書きを指定
384

Z

z-index ボックスの配置位置を指定
385

* { … } すべての要素        
386 E { … } すべての E要素        
387 ns|E { … } 名前空間nsの中の要素E        
388 E, F { … } グルーピング 。すべての E要素や F要素        
389 E.class class属性の値が xyz であるすべての E要素        
390 E#id id属性の値が xyz である E要素        
391 E F { … } 子孫セレクタ E要素の子孫として出現する F要素        
392 E > F { … } 子セレクタ。E要素の子として出現する F要素        
393 E + F { … } 隣接兄弟セレクタ。E要素の直後に兄弟要素として出現する F要素        
394 E ~ F { … } 一般兄弟セレクタ。要素Eよりも後ろに登場する兄弟要素F        
395 [attr] attr属性を持つ要素にスタイルを適用        
396 [ns|attr] @namespace で指定した名前空間 ns 中の attr属性を持つ要素にスタイルを適用        
397 [attr=”val”] attr属性が val である要素にスタイルを適用        
398 [attr~=”val”] attr属性がスペースで区切られたひとつ以上の値を持つ場合、その値のひとつが val である要素にマッチ        
399 [attr|=”val”] プレフィックスとして、attr=”val” や、ハイフンを加えた attr=”val-” にマッチする属性を持つ要素にマッチ        
400 [attr^=”val”] attr属性の値が val で始まる要素にマッチ        
401 [attr$=”val”] attr属性の値が val で終わる要素にマッチ        
402 [attr*=”val”] attr属性の値が val を含む要素にマッチ        

コメント

タイトルとURLをコピーしました